平和幼稚園について

指導目標
1.のびのびと明るいこども
2.自律ができて自主性のあるこども
3.思いやりがあってだれとでも仲良く遊べるこども
4.創造性と表現力の豊かなこども

基本方針
1.幼児の心身の調和的な発達を図り、健全な心身の基礎を養う。
2.基本的生活習慣と正しい社会的態度を育成し、豊かな情操を養い道徳性の芽生えを培う。
3.自然及び社会の事象について、興味や関心をもたせ思考力の芽生えを培う。
4.人の話を聞く態度を養うとともに、言語の正しい使い方を導き身につけるようにする。
5.のびのびとした表現活動を通じて、創造性を豊かにするようにする。
6.園内において集団生活を経験させ、喜んでこれに参加する協調の精神、自主及び自律の態度を養う。
7.心身の発達の実情をよく理解し、その個人差に応じて適切な指導を行うようにする。
8.幼稚園の生活環境を整備して、生活経験に即した指導を行うようにする。

教育内容
健康
・明るく伸び伸びと行動し充実感を味わう。
・自分の体を十分に動かし、進んで運動しようとする。
・健康、安全な生活に必要な習慣や態度を身に付ける。
人間関係
・幼稚園生活を楽しみ、自分の力で行動することの充実感を味わう。
・進んで身近な人とかかわり、愛情や信頼感をもつ。
・社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける。
環境
・身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心をもつ。
・身近な環境に自分からかかわり、それを生活に取り入れ大切にしようとする。
・身近な事象を見たり考えたり扱ったりする中で、物の性質や数量などに対する感覚を豊かにする。
言葉
・自分の気持ちを言葉で表現し、伝え合う喜びを味わう。
・人の言葉や話などをよく聞き、自分の経験したことや考えたことを話そうとする。
・日常生活に必要な言葉が分るようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、想像力を豊かにする。
表現
・いろいろなものの美しさなどに対する豊かな感性をもつ。
・感じたことや考えたことを様々な方法で表現しようとする。
・生活の中でイメージを豊かにし、様々な表現を楽しむ。

 

保育の実際
きれいな環境づくりの中で、すぐれた教職員が情熱を傾け、何事にもゆとりをもって、ひとりひとりにきめ細かな保育を行い、また、人間性豊かな子どもを育て、生き生きとした楽しい幼稚園生活を送れるよう、指向しています。
・1ヶ月の保育計画は月の始めに“園だより”をお渡しして、ご家庭のご協力とご理解が得られるようにしています。
・保育時間は特別の場合を除いて、月・火・水・木・金曜日は午前9時より午後2時まで、土曜日は原則休園となっています。
・自然に親しみ興味や関心をもたせるため、園外保育(プラネタリウム見学、ぶどう狩り、いも掘り、動物園見学、等)を季節に応じた月にそれぞれ実施します。
・身体を積極的に鍛えるために、プール遊び、運動会を行い、また総合的な教育効果を得るために、作品展覧会、生活発表会なども開きます。
・端午の節句、七夕まつり、動物村、ひなまつりなどの行事によって情緒を養い、古来の風習に親しめる機会を与えています。
・保育参観、個人懇談などにより、ご家庭と幼稚園がお互いの役割、機能を発揮し協力しあって幼稚園教育をスムーズに展開できるよう努力しています。
・日常、健康管理の面で留意し、月例としては身長体重測定を行い、併せて内科、歯科、耳鼻咽喉科などの健診も行っています。
・幼児には保護の面が協調されがちですが、積極的な鍛錬の面も大いに考慮し、保育の一環としてプール泳ぎ、鉄棒、平均台、雲梯競技、体操なども重要視しています。
・組の編成は、ばら組(3歳児)、さくら組(4歳児)、つき組(5歳児)、の3組を編成し年次に応じた保育をしています。また、縦割り保育として、異年齢保育も行っています。

 

クラス 平成29年度(9月1日現在)
男32名 女21名  計54名
年長(5歳児) つ き組 男12名 女 8名 計20名
年中(4歳児) さくら組 男12名 女 6名 計18名
年少(3歳児) ば ら組 男 6名 女 7名 計13名
満3歳児 ばら組 男 3名 女 1名 計 4名 

教員数・職員数 平成29年度
園長 1名
副園長  1名
つ き組 担任1名 副担任1名
さくら組 担任1名 副担任1名 補助1名
ば ら組 担任1名 副担任1名
職員  1名


沿  革
 昭和27年7月1日付にて大阪府より認可を受け、私立幼稚園として発足。設置者は当時長池幼稚園設置者園長故辰巳テイが当園の設置者園長も兼ねて就任した。
 その後、昭和57年3月、設置者変更をして、学校法人として発足。当時3代目設置者であった辰巳孝が理事長に就任。平成20年4月、郡緑が理事長に就任し、現在に至る。
 初代園長の辰巳テイは幼児教育の重要性を夙に痛感、昭和初期より幼児教育に専念していたが、戦後の教育の荒廃を嘆き、立て直すべく、その名も「平和」と名付けて、木の香りも新しい園舎を建設し、開園の運びに至った。
 昭和53年4月、第5代目園長として辰巳喜美子が就任。建学の精神はそのまま脈々と生かされて、標語も「きれいで、熱心で、ゆとりのある平和幼稚園」を掲げ、日々実践に励んでいる。
 隅隅、園舎も昭和59年12月全面的に建て替えられ、鉄筋コンクリート造3階建延約750㎡。そして又日当たりのよい運動場をひかえて、保育に萬全を期している。
 平成24年4月、長谷川涼子が第6代目園長に就任。
 平成29年4月、子ども・子育て支援新制度に施設型給付の幼稚園として移行。